県北ロックサービス公式アカウント LINE@ 友達登録で簡単お見積!

LINEから「友達登録」で簡単にお見積り可能です。お気軽にお問合せ下さい!  

Ameba 日々の作業ブログ

鍵の基礎知識

錠前の各部基礎知識

名称働き
①ケース(錠箱)錠前の機構の部分が納められていて、扉の中に納める彫込み型と扉面に取り付ける面付型がある。
②シリンダーキーの入る部分で、そのシリンダー用以外のキーでは回転しないようになっている。
③サムターンデッドボルトを出し入れするためのつまみ。通常は施錠時にサムターンが横になる。
④ノブ取っ手の役割を果たし、ラッチボルトの出し入れを行う。レバーハンドルも同様の役割です。
⑤フロント(面座)彫込型錠前ケースの扉の木口に出てくる面で、ラッチボルト、デッドボルトの出入りする穴と
ケースを扉に取り付けるためのビス穴がある。
⑥ラッチボルト(仮締)扉が風などであおられないための仮締りで、ノブで操作する。
⑦デッドボルト(本締)施錠するためのカンヌキで、キーまたはサムターンで操作する。
⑧ストライク(受座)ケースから出てくるラッチボルト、デッドボルトの「受け」で枠に取り付ける。
⑨スペーシングノブ(レバーハンドル)とシリンダーを別々に備える錠前で、その中心間の長さを指す用語。
⑩バックセットフロント面からノブまたはシリンダーの中心までの長さを指す用語。